Very Berry Pi

僕とラズパイの記録


コメントする

Raspberry PiへのOSインストールの手順 GUI編

前回はddコマンドによるOSイメージの書き込みを行いましたが、RPi-SD Card builderというアプリケーションを使用した簡単な方法がありました。

All the (*) Wave: SD card Setup – Raspberry Pi – Mac

現時点でのバージョンは1.2となっています。GUIで書き込むimgファイルと書き込み先を指定するとSDカードへイメージを書き込んでくれます。やっていることはddコマンドの場合と変わらないと思いますが、GUIを使って操作できるという点で敷居はグッと下がります。これは便利。


1件のコメント

Raspberry PiへのOSインストールの手順 ddコマンド編

せっかくラズパイをゲットしてもOSがなければただの基板。ということで、OSをインストールして動かします。
Raspberry Piに対応したOSは色々ありますが、公式サイトでダウンロードできるのはRaspbianとArch Linuxです。他にもFedora RemixやFreeBSDなどを見かけますが、メジャーというわけでは無さそう。

Raspbian:
Debian “wheezy”をベースとしたRaspery Piに最適化されたディストリビューション。Raspberry Piのサイトからダウンロード出来る、恐らく一番導入されているOS。
Arch Linux:
軽量、シンプルを売りにした、これぞUNIX(ライク)という感じのディストリビューション。Raspberry Piのスペックを考えるとこれぐらいがちょうど良く、また自分の手で組み上げる感覚はいいのかもしれない。

今回導入するにあたり、RaspbianとArch Linuxとで迷いましたが、情報も豊富そうなRaspbianにしました。Linuxレベルでやりたいことをひと通り終わらせたらArch Linuxにもチャレンジしようと思います。

続きを読む


コメントする

Raspberry Piの注文から到着まで

Raspberry PiはRSコンポーネンツModMyPiなどで購入出来ます。最近では他の代理店も増えて来ているようですが、私は以下の理由でRSコンポーネンツで注文しました。

  • キーボードやマウス、SDカードなど諸々準備がいるのでそんなに急いでいない
  • RSコンポーネンツで購入したほうが安い。

続きを読む


コメントする

Raspberry Piはじめました

Raspi_Colour_R

半年ほど前からネットでチラチラと見かけるようになったRaspberry Pi。その存在を知った時は「人気で在庫薄だから」とか、「組込系っぽいのは苦手だから」とか言い聞かせてスルーしてました。ただここ最近、Raspberry Piを取り上げるネットの記事や書籍を見かけるようになり、それを見ていたらモーレツに欲しくなったのでポチっと購入。

最大のきっかけは、職場の先輩がポロっと漏らした「Raspberry Pi買っちゃったんだよねー。早く遊びたいなぁ。」の一言。単純だけど、これが効いた。身近に同じネタを共有できる人が身近にいるというのは心強い。

買ったはいいけれど、これと言ってRaspberry Piでやりたいことは明確に持っていないので、先人が残してくれた格闘の軌跡を参考にLinuxベースで遊ぶのはもちろん、僕には未知の領域のGPIOを使った電子工作系もやってみようと思います。そのうち、いいアイデアが浮かんだら、それに向けてチャレンジかなと。

ここは、そんなRaspberry Piと遊んだ記録を残すための備忘録的なブログ。更新は不定期ですが、長く更新が無かったら、飽きたんだなぁと思ってください。