Very Berry Pi

僕とラズパイの記録


1件のコメント

Raspberry Piのカメラモジュールで遊ぶアイデアを模索していたら

Raspberry Piのカメラモジュールが満を持してリリースされたようですね。

Raspberry Piのカメラモジュールがついに発売開始。25ドルで画像センシング機能を搭載可能 – TachCrunch

どこかで見たか、聞いたかの話では、RSコンポーネンツに5/16に注文して5/21には発送らしいんですが本当でしょうか。ちなみにお値段2,400円。簡単に手が出てしまう罪な奴です。

さて、このRaspberry Piのカメラモジュール、以前から出る出る言われていたので気にはしていましたが、いざ出ると「何して遊ぼう?」となります。

ということで、Raspberry Piをカメラモジュールで遊ぶためのネタを考えてみました。

  • 液晶パネルを取り付けてデジカメっぽく。どうせならタッチパネルの液晶がいい。撮った写真はそのままWebサービスへ
  • 定点観測カメラ。ネットワークに繋がるドアモニターなんていかがでしょう?
  • Arduinoあたりと合体させてカメラを目をした自走式のロボット
  • 自転車や車にマウントして車載カメラとして活用

はい、どれも既にあるものなのでネタにもなりません。こういうところでパッといいアイデアが思い浮かぶ人、尊敬します。

話をカメラに戻すと、スペックに500万画素、1080pの動画にも対応とありますが、そもそもRaspberry Piで1080pの動画って大丈夫なんでしょうか?あとカメラモジュールの消費電力も知りたいところです。また、このカメラモジュールをケース入りのRaspberry Piで使おうと思うと大抵のケースはカメラを外に出すために加工が必要ですね。ここはひとつ、憧れのAdafruitのPibowが新しくなって出ないかなと期待。

最後に気になるのは、TechCrunchの記事に書かれた、カメラモジュールを使用するには最新のRaspbianファームウェアが必要の一文です。そろそろ新しいバージョンのRaspbianが出ることが伺えます。ただ、5/16時点ではまだ古いまま(2013/2/9版)のようです。Debianも7.0 wheezyが正式にリリースされましたので、Raspbianの方も期待すると共に、このエントリーを書きながら、RSコンポーネンツで注文をしてしましました。

カメラの到着が先か、新しいRaspbianのリリースが先か、乞うご期待。

2013/5/18 追記

RSコンポーネンツから納期の連絡がありました。「13/09/06」と記載されてるんですが、これってやっぱり9/6でしょうか。4ヶ月待ちってマジですか。。。大人気のようです。

2013/6/8 追記

5/24に発送連絡が有り、10日ほどで無事ゲットしました。開封の儀はコチラ。

広告


コメントする

Raspbery Piのコンソールはこれで決まり。 Laptop Dock for Motorola ATRIX 4G

Raspberry Piを使うには、HDMI接続のディスプレイ、USBキーボードとマウスが必要になります。私はMacBook Proを使っているので、いずれも持ち合わせがなく、Raspberry Piのためにこれらを一式揃えるのはちょっとなぁなんて思っていましたが、Adafruitで紹介されていたこの動画にビビっときたので、これを使うことにしました。

Raspberry Pi Laptop with Atrix 4G Dock

続きを読む


コメントする

Raspberry PiへのOSインストールの手順 GUI編

前回はddコマンドによるOSイメージの書き込みを行いましたが、RPi-SD Card builderというアプリケーションを使用した簡単な方法がありました。

All the (*) Wave: SD card Setup – Raspberry Pi – Mac

現時点でのバージョンは1.2となっています。GUIで書き込むimgファイルと書き込み先を指定するとSDカードへイメージを書き込んでくれます。やっていることはddコマンドの場合と変わらないと思いますが、GUIを使って操作できるという点で敷居はグッと下がります。これは便利。


1件のコメント

Raspberry PiへのOSインストールの手順 ddコマンド編

せっかくラズパイをゲットしてもOSがなければただの基板。ということで、OSをインストールして動かします。
Raspberry Piに対応したOSは色々ありますが、公式サイトでダウンロードできるのはRaspbianとArch Linuxです。他にもFedora RemixやFreeBSDなどを見かけますが、メジャーというわけでは無さそう。

Raspbian:
Debian “wheezy”をベースとしたRaspery Piに最適化されたディストリビューション。Raspberry Piのサイトからダウンロード出来る、恐らく一番導入されているOS。
Arch Linux:
軽量、シンプルを売りにした、これぞUNIX(ライク)という感じのディストリビューション。Raspberry Piのスペックを考えるとこれぐらいがちょうど良く、また自分の手で組み上げる感覚はいいのかもしれない。

今回導入するにあたり、RaspbianとArch Linuxとで迷いましたが、情報も豊富そうなRaspbianにしました。Linuxレベルでやりたいことをひと通り終わらせたらArch Linuxにもチャレンジしようと思います。

続きを読む